再び盛り上がる社宅の魅力を徹底解明|社員の満足度を高める

女の人

借り上げ社宅の魅力

事務所

社宅とは会社が所有する住宅で、従業員なら安い費用で利用することが出来るものです。バブル崩壊後しばらく元気のなかった社宅だが、最近またその価値が見直されてきています。もともと福利厚生のひとつとして扱われていた社宅ですが、従業員は安い家賃で利用できるため、会社への満足度も上がり、モチベーションUPが仕事にも影響するといわれています。同じような役目として従業員の住宅を補助する住宅手当がありますが、住宅手当は課税対象となっています。そのため従業員の給料が減りますし、社会保険料にも影響してきます。そのためあまりお得感はないといっていいでしょう。しかし社宅なら課税の対象外なため手取りも減らず、社会保険料にも影響しません。また社宅は会社へのメリットもあります。社宅は経費として計上できるのです。そのため今から導入を考えている企業や会社も多いようです。

東京で社宅物件を探すときは個人の賃貸契約とはすべてが異なります。それを念頭に置いて物件探しを行ないましょう。社宅には二種類の制度があります。ひとつが自社社宅でもうひとつが借り上げです。自社社宅は昔からあるスタイルのもので会社が所有している建物にすむものです。そして最近多いのが借り上げタイプです。借り上げタイプのものは、一般のマンションやアパートを法人で契約して従業員に社宅として利用させるシステムです。建物の管理を会社でする必要もなく、社宅を構えるよりも経費が削減できるとして借り上げタイプに切り替える会社も増えてきています。

お店の開業費用を節約する

2人の女性

居抜き物件とは、飲食店の厨房機器や美容院の洗髪台など、業務用の設備があらかじめ備え付けられた店舗用物件のことをいいます。大阪のような大都会には多数存在し、開業費用を節約したい人や準備期間を短縮したい人などにしばしば利用されています。

年密なプランを立てる

3人の男女

オフィス移転はとても大変な作業なため、しっかりプランを立てて行なうことが大切です。物件探しをするときに重要な広さですが、デスクのレイアウトを考えるとどれくらいの広さが必要なのか分かってきます。

東京で人気の場所

社内

賃貸オフィスを中央区に構えると企業のブランド力が上がります。そのため中央区の賃貸オフィスは人気です。空きが出てもすぐに決まってしまうのでまめにチェックすることをおすすめします。